家を新築する際には、子供のことを中心に考えて、設計

家を新築する際には、子供のことを中心に考えて、設計をしました。

まだ小学生と小さいので、部屋にこもらず親の近くにいられるように、リビングとダイニングキッチンをつなげて、料理をしている間も、子供がリビングやダイニングでテレビを見たり宿題をしたりできるようにしました。

暖かい日の光が差し込むように、南向きに窓を多く配置し、部屋にいるときも暗くならないようにしました。
また、玄関を入って、すぐのところにリビングダイニングキッチンがあるので、帰ってきたら、必ずそこを通って自分の部屋に行くようになっており、大きくなってからも話をする機会が多いと思います。
壁紙を選ぶときも、子供の部屋は子供が自分で好きな壁紙を選んだことから、自分の部屋をとても気に入っています。

友達を家に呼ぶ機会も増えましたし、友達家族を家に呼ぶこともあり、広い部屋でみんなで食事ができるのは、子供にとってとてもいい時間になっているような気がします。

私が建てた工務店さんでおすすめなのが、四国中央市の工務店さんです